事業運営基本方針

地域の病院として高度で安全な医療介護技術の提供に努めます。
患者さまの権利を尊重し、患者さま中心のサービスを提供します。
介護部門と連携し、総合的な在宅医療を提供します。
地域住民の病気の予防と健康の維持増進に寄与します。
日々研鑽に勤め、高度な医療介護知識と確実な技術を身につけます。
職員が働きがいのある職場環境を築き、健全な経営を維持します。


在宅療養支援病院・在宅療養支援診療所

在宅で療養されている医療が必要な方とそのご家族が不安なく毎日を過ごすためには、医療機関による切れ目のない細やかな支援体制が必要です。 しかし、既存のほとんどの病院や診療所では、事実上24時間体制で細やかな医療的ケアを提供することはできませんでした。 そのために、在宅で必要な医療とケアが必要なときに提供されず、しかたなく不必要な入院や施設入所を余儀なくされる方が大勢います。
このような不便を解消し、安心して在宅で過ごすことができるように、機動力のある24時間体制を備えたのが、在宅療養支援病院・在宅療養支援診療所です。関愛会の各病院・診療所は、 大分県より「在宅療養支援病院」「在宅療養支援診療所」として認定を受けています。


佐賀関エリア

  1. 佐賀関病院
    • 機能強化型在宅療養支援病院
    • 地域包括ケア病棟 68床
      (2階:34床、3階:34床)
  2. 佐賀関病院訪問リハビリテーション事業所
  3. 佐賀関デイケアひまわり
    • 通所リハビリテーション事業所 定員50名
  4. ヘルパーステーションひまわり
    • 訪問介護事業所
  5. ケアセンターひまわり
    • 居宅介護支援事業所
  6. 有料老人ホーム海風
    • 住宅型有料老人ホーム 定員37名
  7. 訪問看護ステーションかもめ
  8. 佐賀関・神崎地域包括支援センター
    • 大分市委託事業

大分エリア

  1. 大東よつば病院
    • 機能強化型在宅療養支援病院
    • 地域包括ケア病棟 43床
  2. 大東よつば病院訪問リハビリテーション事業所
  3. 大東リハビリテーションセンターもみの木
    • 通所リハビリテーション事業所 定員50名
  4. 介護老人保健施設やすらぎ苑
    • 定員50名
  5. よつばファミリークリニック
    • 機能強化型在宅療養支援診療所
  6. 王子クリニック
    • 機能強化型在宅療養支援診療所
  7. 関愛会訪問看護ステーションよつば

坂ノ市・こうざきエリア

  1. 坂ノ市病院
    • 機能強化型在宅療養支援病院
    • 地域包括ケア病棟 36床
  2. 坂ノ市病院訪問リハビリテーション事業所
  3. 坂ノ市リハビリテーションセンターもみの木
    • 通所リハビリテーション事業所 定員50名
  4. 坂ノ市メディカルフィットネスジムABIES
    • 健康増進事業
  5. 医療型特定短期入所きらりん
    • 定員6名
  6. こうざきクリニック
    • 機能強化型在宅療養支援診療所
  7. こうざきクリニック訪問リハビリテーション事業所
  8. こうざきデイケア リハビリテーションセンターもみの木
    • 通所リハビリテーション事業所 定員60名
  9. ナーシングホーム輝
    • 住宅型有料老人ホーム 定員22名
  10. 訪問看護ステーションいろは
  11. ケアセンター坂ノ市ひまわり
    • 居宅介護支援事業所
  12. 坂ノ市地域包括支援センター
    • 大分市委託事業

豊後大野エリア

  1. 三重東クリニック
    • 在宅療養支援診療所
  2. 三重東介護サポートセンター三つ葉
    • 居宅介護支援事業所
  3. 三重東リハビリテーションセンターもみの木
    • 通所リハビリテーション事業所 定員45名

県外エリア

  1. 北区王子クリニック
    • 東京都北区
  2. 江別訪問診療所
    • 北海道江別市 機能強化型在宅療養支援診療所
  3. 江別訪問診療所かかりつけ訪問看護ちいきの森
    • 訪問看護ステーション
  4. ケアプランセンターちいきの森
    • 居宅介護支援事業所
  5. ヘルパーステーションちいきの森
    • 訪問介護事業所

前身(陸軍病院~佐賀関町国民健康保険病院)

沿革
1921年(大正10年)豊予要塞司令部設置/陸軍佐賀関衛戌病院(90床:古宮)
1946年(昭和21年)1月佐賀関健康保険組合病院として開院 (20床・古宮)
1947年(昭和22年)11月佐賀関町国民健康保険病院として移転開設(50床・迫)
1962年(昭和37年)2月移転増床(55床・本町)
1987年(昭和62年)8月日本鉱業(株)佐賀関精錬所病院と統合移転(130床・金山)

前身(佐賀関精錬所病院~佐賀関町国民健康保険病院)

沿革
1917年(大正6年)精錬所診療所開設
1948年(昭和23年)9月日本鉱業(株)佐賀関精錬所病院となる
1959年(昭和34年)移転開設(開設地 金山)
1987年(昭和62年)佐賀関町国民健康保険病院と統合し廃止         

沿革(関愛会設立以降)

沿革
2004年(平成16年)4月医療法人関愛会設立
6月佐賀関町立国民健康保険病院廃止
7月佐賀関町立国民健康保険病院、一尺屋診療所、高齢者介護施設ひまわりを引き継ぎ
「(医)関愛会 佐賀関病院開設」(113床)、一尺屋診療所、高齢者介護施設ひまわり開設
2005年(平成17年)12月佐賀関病院 新築移転(90床・現在地 古宮)
2006年(平成18年)3月特定医療法人の承認「特定医療法人関愛会」となる
8月特別医療法人の認可「特定・特別医療法人関愛会」となる
10月こうざき診療所開設
2007年(平成19年)4月佐賀関病院 病院機能評価Ver.5認定
7月こうざき診療所を「こうざきクリニック」とし、新築移転
こうざきデイケア・リハビリテーションセンターもみの木開設
7月療養病棟40床を回復期リハビリテーション病棟に変更
2009年(平成21年)5月せきあいクリニック開設
5月有料老人ホームみかんの家開設
11月社会医療法人認定「社会医療法人関愛会」となる
2010年(平成22年)9月三重東クリニック開設
三重東介護サポートセンター三つ葉開設
2011年(平成23年)4月清川診療所開設
4月こうざきクリニック訪問リハビリテーション事業所開設
11月きよかわリハビリテーションセンターもみの木開設
きよかわ介護サポートセンター三つ葉開設
(三重東介護サポートセンター三つ葉廃止)
11月佐賀関病院が大分DMAT指定医療機関に登録
2012年(平成24年)4月訪問診療クリニックのぞみ開設
6月王子クリニック開設
7月佐賀関病院 病院機能評価Ver.6認定
7月有料老人ホーム海風開設
デイサービス海風開設
11月せきあいクリニック廃止、王子クリニックと統合
12月こうざきデイケア・リハビリテーションセンターもみの木増築
2013年(平成25年)11月佐賀関病院、佐賀関診療所に電子カルテ導入
12月坂ノ市クリニック開設
訪問診療クリニックのぞみ廃止
2014年(平成26年)4月介護老人保健施設せきの郷開設
4月佐賀関診療所内に歯科開設
6月関愛会訪問看護ステーション開設
10月社会医療法人関愛会創立10周年記念式典・記念行事開催
2015年(平成27年)4月坂ノ市リハビリテーションセンターもみの木開設
4月大分市より坂ノ市地域包括支援センターの運営を受託
4月関愛会訪問看護ステーション廃止
訪問看護ステーションいろは開設
ナーシングホーム輝開設
4月有料老人ホームみかんの家廃止
8月長松理事長が退任し会長へ
増永理事長就任
10月津守クリニック開設
2016年(平成28年)4月坂ノ市クリニック小児科開設
7月佐賀関病院透析・リハビリテーション棟完成
7月関愛会職員住宅完成(坂ノ市クリニック敷地内)
8月坂ノ市病院開設
坂ノ市クリニック廃止
10月せきの郷デイケア開設
2017年(平成29年)4月医療法人松寿会を吸収合併
介護老人保健施設やすらぎ苑(入所、通所)在宅ケアサポートやすらぎの事業を承継
4月坂ノ市病院一般病棟を全床、地域包括ケア病棟に転換
10月佐賀関病院通所リハビリテーション事業所開設
11月法人理念の1つ「地域包括医療の推進」を「地域包括ケアの推進」に変更
2018年(平成30年)4月坂ノ市病院増築(病床数20床→36床 坂ノ市もみの木定員40名→50名)
坂ノ市病院訪問リハビリテーション事業所開設
坂ノ市メディカルフィットネスジムABIES開設
4月津守クリニック休止
4月よつばファミリークリニック開設
4月一尺屋診療所休止
6月ケアセンター坂ノ市ひまわり開設
9月ナーシングホーム輝増床(12床から21床へ)
11月江別訪問診療所開設(北海道)
2019年(平成31年)  4月北区王子クリニック開設(東京都)
7月坂ノ市病院内に医療型特定短期入所きらりん開設
10月中島クリニック開設
訪問看護ステーションいろは中島サテライト開設
11月坂ノ市病院電子カルテ導入
2020年(令和2年)3月やすらぎクリニック開設
4月佐賀関診療所を佐賀関病院に統合
佐賀関診療所廃止
6月かかりつけ訪問看護ちいきの森開設(北海道)
10月佐賀関病院90床→71床
10月デイサービスひまわり・佐賀関病院通所リハビリテーションを佐賀関デイケアひまわりへ統合
10月せきの郷デイケア廃止
2021年(令和3年)2月大東よつば病院(40床)開設
やすらぎ苑90床→50床に変更
やすらぎ苑通所リハビリテーション廃止
大東リハビリテーションセンターもみの木開設
やすらぎクリニック廃止
やすらぎクリニック訪問リハビリテーション事業所廃止
大東よつば病院訪問リハビリテーション事業所開設
2月中島クリニック、訪問看護ステーションいろは中島サテライト廃止
2月津守クリニック廃止
3月老健せきの郷休止
5月有料老人ホーム海風増床(21名→37名)
6月大東よつば病院一般病棟を全床、地域包括ケア病棟に転換
2022年(令和4年)2月大東よつば病院電子カルテ導入
呼吸器内科 リハビリテーション科を標榜科に追加
4月在宅ケアサポートやすらぎ、大分市戸次に事務所移転
4月ヘルパーステーションちいきの森開設(北海道)
ケアプランセンターちいきの森開設(北海道)
4月江別訪問診療所かかりつけ訪問看護ちいきの森、江別市上江別に移転(北海道)
5月大東よつば病院へ佐賀関病院から3床移設
(大東よつば病院:40床から43床。佐賀関病院:71床から68床)
5月江別訪問診療所、江別市上江別に移転(北海道)
10月ナーシングホームちいきの森開設(7床)
2023年(令和5年)  4月大分市より佐賀関神崎地域包括支援センターの運営を受託
佐賀関病院一次救急告知取り下げ 
6月訪問看護ステーションかもめ開設
佐賀関病院3階40床を回復期リハビリテーション病棟から地域包括ケア病棟へ転換
9月佐賀関病院3階40床→34床、2階28床→34床
10月訪問看護ステーションいろは神崎サテライト開設
ナーシングホームちいきの森増床(7床→15床)
デイサービス海風廃止
12月大東リハビリテーションセンターもみの木の定員を45名から50名に変更
2024年(令和6年)3月清川診療所廃止 きよかわリハビリテーションセンターもみの木廃止
4月三重東リハビリテーションセンターもみの木開設